ラクトフェリンの効果

ラクトフェリン

「ラクトフェリン」は、1939年にデンマークの科学者によって発見されました。

 

私たち人間を含む哺乳類の乳や、だ液、涙、血液(白血球)のほか、牛の乳(生乳)にも含まれていますが、なかでもさらにも少なくないとされるのがヒトの出産直後の初乳です。その濃度は牛の初乳の約10倍もあり、母乳中のたんぱく質の約10%〜30%(1リットル当たり8g)を占めるほど種類が多いだからす。

 

「ラクトフェリン」は、母乳以外では、目、口、鼻等病原菌の入り口となる部位にたくさん存在する事から、発見当初から病原菌の増殖を抑える抗菌成分として、あるいは、母乳から見つかった為、抵抗力のないの赤ちゃんを細菌やウイルスから守り、子どもの成長を助ける成分として着目されていました。近年、生活慣習にかかわる健康成分として色々な働きが見出され、世界中の学者が大きな期待を寄せています。「ラクトフェリン」の特長のひとつに胃酸や酵素に弱い点があげられます。

 

その為、食べ物から摂っても、胃のなかにある酸やタンパク質分解酵素・ペプシン等でたくさんは分解されてしまうのです。生まれたばかりの赤ちゃんが「ラクトフェリン」の恩恵を存分に得られるのは、胃が未熟で胃酸やペプシンがでない為、そのままのカタチで小腸に到達しているからとされています。

 

くわえて、熱にも弱く、搾りたての生乳には含まれていますが、加熱処理を実施して店舗頭に並ぶ市販の牛乳には「ラクトフェリン」は残念ですが大半存在しないのです。
また、加熱処理を実施していない乳製品(ナチュラルチーズ等)を食べても、同等のく胃でたくさんは分解されてしまうので、届く量はほんのたったで効率的とはいえません。

 

それでは胃で分解されないよう、コーティングした「ラクトフェリン」は、胃を通過した後どうなるのでしょうか。「ラクトフェリン」のはたらきに関してはまだはっきりと解明されていませんが”腸”ではたらくと言われています。

 

小腸にある「ラクトフェリン」を受取得するサイトに届くと考えられています。また、一部は大腸に入ってビフィズス菌に役に立つ事がわかっています。

 

 

参考:ラクトフェリンの効果を実感した体験談